FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2011.01.18 (Tue)

地方議会選挙にみる時代の変化

地方統一選挙が近づく中、関連記事の新聞特集が目立ってきていま
す。各社が様々な捉え方をしているので非常に興味があります。

地方政治の選挙はトレンドがあるように思います。私も当選すること
ができた8年前は「地盤(組織)・看板(知名度)・カバン(資金)」
が無くても若い候補者が次々と当選した「若手・無所属ブーム」。
全国各所で20代・30代の政治家が多く誕生しました。

4年前は国政での政権交代を求める世論を反映してか「民主党」を
名乗る候補者が相次いで当選した「民主党ブーム」。今回はむしろ逆風!?

(もちろん首長選挙も横山ノック氏などのタレントブームや美濃部都政などの革新系ブームがありました)

このように地方選挙も様々なトレンドを生み出してきました。今回は
上記のようなトレンドとは違った新たなブームが一部地域で起こるよ
うな気がしています。ただし、それは選挙結果がしっかりと出てから
でないと、トレンドとは言い切れませんね・・・。

おっと!一番大事なのは「マニフェスト」に代表される“政策本位の選挙”。
こちらはトレンド・・・ではなく、どの選挙自体にも定着することを願ってやみません。

皆さんは何を基準に投票されていますか?

私は様々な講演先で地方選挙の投票基準を聞いてきましたが、一番多か
ったのは「知り合いに頼まれたから・・・」でした。これは時代とは関係
ない普遍的なトレンドなのかもしれません。身近な議会と言われる所以
でしょうかね。







スポンサーサイト



22:10  |  未分類  |  トラックバック(0)
 | HOME |