FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2012.01.03 (Tue)

年男的、年頭所感。

新しい年を迎えました。心よりお慶び申し上げます。
(喪中また公職選挙法上、新年挨拶(賀状等)は遠慮させていただ
いております)

皆様、流山市、日本にとりまして幸多き、善良の年になりますよう
ご祈念申し上げます。


辰年…1976年(昭和51年)生まれの私は、3回目の年男です。

常に心にあるのは「男子の本懐」という思いです。城山三郎氏の
小説を読んで以来、この言葉を胸に人生を過ごしています。

昭和5年、浜口雄幸首相(当時)が東京駅で暴漢に襲われた際、
倒れた直後に放った言葉として有名ですが、その一言には同氏の
生き様が込められています。

「いつ殺されても構わない、男として政治家としてやるべきことを
やっているのだから…。」

当時の日本は世界金融恐慌の波に襲われ、大不況下にありました。
それに対応するために徹底的な行財政改革を断行。その強い決意
と行動が、結果として上記のような事件に繋がってしまったとも言わ
れています。

しかし、凶弾に倒れようとも信念は揺ぎ無く、当時、薄まりつつあ
った政治家の本望、人間としての生き様を問いかけるのには、この
上ない言葉でした。今の政治家に最も足りない言葉だと思います。

だから私も「男子の本懐」。

と大きなことを言っても、毎年の活動が大きく変わるわけではあり
ませんが、年男らしく、干支である“辰(タツ)”にちなんだ行動
をとっていきたいと思います。


1.辰(タツ)・・・立つ。駅頭・街頭に立って参ります。同活動も9年目。
         皆さんとの直接対話を通じて、街中の声を聴き、自ら
         の言葉で語るなど、基本姿勢を堅持します。
         (寒いのは大の苦手ですが、皆様に支えられています)


2.辰(タツ)・・・断つ。改革断行。仕事や政策分野では前例踏襲を基本
         とせず、新しいことに果敢に挑戦する気持ちを大切に
         します。
         (浪人中に感じた思いを大切に持ち続けたいものです)

   
3.辰(タツ)・・・経つ。時が絶つのは早いものです。時間の有難さを再
         認識しながら有意義な時間を過ごしていきます。
         (勉強の時間を大幅に確保。最近、飲酒とスマホの時間が
         増えたので改めます…)


4.辰(タツ)・・・起つ。決起の意味です。私の9年来の主政策は地域主権・
         地方分権。言葉だけ叫んでいても大きくは変わりません。
         真の地域主権型社会を作るためには、いつか誰かがやら
         なければならない分野。石原氏や橋下氏に負けない意気
         込みで決起して参ります。
         (国・県主導の地方政策は法定速度以下のペース。これ
         では地方の時代はきません)

5.辰(タツ)・・・絶つ。自己改革の年。日本人の平均寿命が70-80才と考え
         ると人生半分まできましたので、今までの生き方・生活を
         絶ち(改め)、新しい一歩を踏み出します。


という事で、辰年の男らしくけじめある行動をして参ります。
(皆さんに関係ない内容が盛り込まれていることはご了承下さい…)

それでは駅、街中、議場、WEB(SNS)でお会いしましょう!

                  平成24年1月3日 森りょうじ

dansinohonkai
12:48  |  未分類  |  トラックバック(0)
PREV  | HOME |