07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.08.22 (Wed)

BOOKのある生活。

お盆が過ぎたことで暦の上だけではなく、朝夕の気温にも秋の季節を感
じるようになってきました。

さてBLOGの表題ですが、BOOKと言えば、今や日本人の利用者が1000万
人を超えたと言われるFACEBOOKが思い浮かぶところ。私も周囲の方も
この新たなBOOKと向き合う生活スタイルが増えており、これは政治にも
大きな変革をもたらすと期待されています。

ただ今回は、季節に合わせたBOOKとして「本」について書こうと思います。
政治とSNSの付き合い方はこれからの大きなテーマであり、今後、自らの考
えを綴ってみたいと思います。

秋が近づくと“食欲”が出てきます。いわゆる“食欲の秋”です。
他にはスポーツや芸術の意欲も、秋の到来とともにやってきます。

あわせて訪れるのが“読書の秋”です。

ただ、現代人は、インターネット、テレビ、新聞、SNS(FACEBOOKやTWITTER)
等に見られるように、日常生活では最新の情報取得や情報発信作業を行うこと
に忙しく(私自身もその一人)、読書とは疎遠になりがち。

とくにスマートフォンやノートPCが手元にあることで、常に最新の情報を追い求
る傾向が強くなっているように思います。

そこで私はBLOG「年男的、年頭所感」で述べたように、最近の「情報追従」の
気持ちを少し抑えて、お気に入りの丸椅子に座り、本に触れる時間を設ける日
課を心掛けています。僅かな時間でも活字と向き合う…何とも心地のよい時間。
それも「本の効用」の一つかと思います。

実際、各分野の賢人たちも、各自の言葉で読書の意義や大切さについて言及
しています。(以下は一部紹介)


****************************************************

◆城山三郎氏(作家):
 「人間は、日に4度、メシを食うものだ」
 「はぁ?」
 「3度は、ふつうのメシを食う。あとの1度は活字のメシを食え。
  つまり、読書だ」(小説の一文より)

◆ココ・シャネル氏(デザイナー):
 「本を読む時間があってもいいわね」

◆岡本太郎氏(洋画家)
 「さしあたり惹かれるものがなかったら、本を読むのもいい。
  この頃みんな本を読まないらしいが、本は自分自身との対話だ」
 
◆大平正芳氏(元総理大臣):
 「読書の効用は文章の彫琢練磨にあるのではなく、自らの生行実践の
  光明を見出すものである」

****************************************************


仕事柄、様々な年代や業種(OB含む)の方と接しますが、その際、時間を忘れ
て楽しく過ごせた経験として、私が持ち得なかった「新しい知識やモノの見方」
を学べたことという点があります。もちろん住民の方や友人との向き合い方は
それだけではありませんが、対話をした後、自らの中で新たな発見や気付きが
あった場合には、大きな充実感があるのは紛れもない事実です。
(もちろん楽しい話をしながらのコミ(ノミ)ニケーションも大好き!)

それは街頭・駅頭活動中でも同じ。皆さんからの声でも論理的・体系的と言った
ことに裏打ちされた「問題の本質」を見抜いたご指摘やご意見をいただいた時に
はハッとさせられることが多くあります。
(他人の毀誉や噂話、感情的なご意見も大切な情報の一つとして頂いています)

読書にもまた、そのような「発見や気付き」を与えてくれる可能性があります。
デジタル機器や大衆情報誌が隆盛の今、最新(ポピュラー)の情報だけではない
「価値のある情報」が、そこにたくさん埋もれていると感じるからです。

現代人の“活字離れ”が指摘される昨今、秋の足音が近づく中で“本のある生活”
を毎日30分でも心掛けてみる…秋の夜長の到来を前に、少し意識してみてはいか
がでしょう。
(ちなみに流山市内の小中学校では数年前より“朝読書”を実践中。好評です!)


「現実に旅に出なくとも、たとえば読書を通じて、いくらでも心の旅に出ることは
 できる。あてもなく書物の海を渡り、書物の山を越えて行けば、半年のち一年
 のちには、きっと新しい視野がひらけてくるはずである」
                           (城山三郎著「男子の本懐」より)


日中は五感を全開にして街を歩き、人や物事に触れ合い、夜は感性を落ちつけて
本と向き合う、そんな想いを巡らす盆明けの今日この頃です。


◆“森りょうじ”的政治・議会活動の判断材料

 1)住民の声など(自らの目に触れ、耳にして聴いたこと)
 2)歴史的な事象(本にはこの点に関するヒントが多くあり)
 3)客観的データ(数値や他市の事例と比較したもの)
 4)法律的見地 (法律が出来た歴史的背景もしっかり認識)
 5)経験測   (未熟者ですが、過去の経験を生かす)


厳しい暑さもまだまだ続きそうです。お体どうぞご自愛下さい。

                           森 亮二

【事務連絡】
 平成24年第3回定例会は9月6日(木)~10月9日(月)の予定。
 今定例会では平成23年度決算審査が行われます。
  ※詳細が決まりましたら、改めてご案内します。

NEC_9186-2.jpg
(閉店するお店で見つけた4,000円弱の丸椅子)
スポンサーサイト
16:29  |  未分類  |  トラックバック(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。