05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.06.02 (Mon)

森が動く。…6月13日(金) 【平成26年・第2回定例会】

今週5日(木)より平成26年度第2回定例会が開会します。
当初の提出議案は14件(追加予定5件)で21日間の日程です。

今議会は下段の一般質問に加えて、私自身、3つの成果を求めて
いく議会にもなります。(すべて議会最終日に採決)

①公立小中学校間の施設格差の是正を求める決議の上程
②議会基本条例改正の発議(第19条:議員研修の更なる充実強化)
③農業委員会委員への立候補(会派メンバーから推薦頂きました)

とくに①②は教育福祉委員長、議会運営委員会副委員長の立場を
活用して上程させていただく予定です。2つのポストは他の議員の
皆さんから賛同をいただいたものであり、与えて頂いた職務職責で
全力を尽くしていきたいという強い思いがあります。

もちろん、これらの発議が可決することは結果として市政発展や
強くて信頼される市議会を作るという点でも、大きな一助になるもの
だと感じています。実現に向けて、最後のひと押しを皆さまからもい
ただきたいと感じています。

任期が1年を切りました。残す定例会もあと4回。しっかりと実績
(成果)に繋げるよう果敢に質問をしてまいります。

例年と比べ、厳しい暑さが続いております。体調にご留意の
上、素敵な6月をお過ごしくださいませ。

            平成26年6月吉日      
                流山市議会議員 森 亮二

******************************************************
【一般質問通告内容】…登壇日は平成26年6月13日(金)※2番手
  ※お時間のある方は議場で傍聴か、ネット中継をご覧下さいませ。

1.市内の主要交通機関を生かしたまちづくりについて

 1)常磐自動車道の更なる有効活用策について問う。
  ア)平成34年の流山有料道路無料化が近づく中、常磐自動車道の高速料金の是正の
    可能性についても、検討する取り組みを行ってはどうか。
  イ)利便性の向上などを目指し、流山・柏間へのスマートI.C設置の可能性について検
    討してはどうか。
 
    流山市の都市機能の向上、新川耕地などの活性化を目指すためにも、常磐高速道
    を最大限に活用することで流山市の持続可能な成長を目指したいと思います。


 2)東武野田線に東武アーバンパークラインという愛称が付与された。そこで当市のスタ
   ンスについて問う。


    東武野田線に新しい名称が導入されました。その名は「アーバンパークライン」。
    鉄道会社のみならず沿線自治体として、融合したまちづくりが求められてくるもの
    と思います。


 3)初石駅東口開設の進捗状況について確認したい。

   運河駅の橋上化が実現した今、アーバンパークラインのもう一つの大きな課題は
   初石駅の東口開設です。進捗状況を確認します。


 4)東京五輪開催の決定、羽田空港の国際化、駅前市有地の活用、旅券発給業務の
   権限移譲などを好機と捉え、過去に企画段階で頓挫してしまった当市と羽田空港
   を結ぶシャトルバスについて、再度関係機関と協議をしてはどうか。


   平成23年度に導入直前まで議論をされた空港直結のシャトルバス構想。外部環境
   が大きく変わった今を好機ととらえ、改めて提言します。


2.地域ブランドの形成と郷土愛の醸成について

 1)今国会で改正祝日法が成立し8月11日を山の日とすることが決定した。そこで当市
  では、この日を当市の歴史や市名 の由来を再考する日にしてはどうか。

  
  世界各国と比べて祝日が多い、我が日本。単なる休日と化さないよう、本市の市名
  由来でもある「山」を用いた郷土愛を醸成するの仕掛けに向けた取り組みを提案します。

 2)主要駅での市歌の駅メロ化を実施してはどうか。

  市歌をご存知ですか?実は作成から30年以上経てもなかなか浸透されていない
  (お聴きになったことがない…などの声多数)のが現実。そこで、少しでも認識して
  いただくために主要駅における発着ベルの駅メロ化を提案します。

 3)当市CIの一つ「都心から一番近い森のまち」の普及方法についての検討状況につ
  いて問う。


3.市民参加を支える取り組みについて

 1)NPOや市民活動団体では高齢化や後継者不足を危ぶむ声がある。そこで当市の
  課題認識について確認したい。


 2)NPO窓口業務の権限移譲への対応状況を確認したい。

  市民活動が活発な流山市。その一方で街の高齢化問題と比例するように活動さ
  れいてる方々の高齢化も課題になってきています。
  今や街づくりには市民の方との協力しては成り立ちません。持続可能な形を目指
  し、まずは課題認識の共有化から行っていきたいと思います。
  あわせて、活動団体が負担に感じている事務手続きなどの簡素化を図れるよう、
  権限委譲などの持論も展開していきたいと思います。


4.交通安全対策について

 1)平成24年10月の交通事故多発箇所共同現地診断以降の江戸川台20号公園(三角
  公園)をはじめとした市道東深井市野谷2号幹線道路の事故状況と安全対策を確認したい。


  地元・江戸川台西地域も通る市道東深井市野谷2号幹線道路。利便性が高まる
  一方通行量も増加しており、市民の方からの声として多い安全対策や直近の事故
  状況などについてを確認し、改善を求めます。
13:44  |  未分類  |  トラックバック(0)
 | HOME |