12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2018.01.02 (Tue)

『転』と向き合う年に(2018年を迎えて)

清々しく新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
皆様にとりまして、幸多き一年となりますようお祈り申し上げます。

天候にも恵まれ、穏やかな正月となりました。皆さまからの年賀状、
SNSやメールを拝見しておりますと、新たな年にかける思いや目標が
感じられ、見ている私の方も身が引き締まる思いをしています。

では、私は…?の問いになりますが、一言で言うならば『転』の字
にかける一年にしようとの決意です。この字を見て、私自身がふと
思い浮かべるのは「転換」や「心機一転」でしょうか。また「七転
び八起き」なども入ってきますね。それらの言葉も含めて、『転』
に尽きるのかなぁ…と感じています。

日々の活動や様々な出会いなど、本当に充実した2017年でしたが、
一方では私自身も、また周囲の方にも様々な「変化」が起こってい
ます。その変化に対応するためには、私自身にも「心機一転」の気
持ちが必要ですし、「七転び八起き」的な根性も求められてきそう
です。

かと言って、何か大それたことをやるかと言えば、そうではありま
せん。大切なのは目の前の課題や宿題を一つ一つこなし、「信頼」
をつかみ取り、より大きな仕事をすることだと思っています。その
ような気持ちをもう一度確かめるためにも「心機一転」など『転』
の覚悟が必要だと感じています。

折角の機会でしたので、前述の言葉以外に『転』を使った言葉には
どのようなものがあるのか調べてみました。

・有為転変…この世の中の事物一切は因縁によって仮に存在してい
 るもので、常に移り変わっていくはかないものであるということ
・円転自在…言動が意のままになめらかに行われること
・万物流転…この世にあるあらゆるものは、絶え間なく変化してや
 まないということ
・転禍為福…災いや不幸を良い出来事に変えること。または悪い状
 況をうまく利用して、良い状況に変えること。

など、自分自身のみならず、流山市や日本の状況にも当てはまるよ
うな言葉が多いようにも思います。

昨年5月からは副議長職を拝命し、議会内での立場や役割も大きく
変わりました。一議員として与えられていたような職責(議会審議
における質問など)を全うするよりも議会組織全体を動かすための
視点を持つことの必要性も感じています。お陰様で多くの学びや発
見の機会を頂きました。今まで携わってきた14年間の議会との関わ
り方からすると大きな変化と言えます。それらも含め、全て大切な
経験をさせて頂いている昨今です。

そのような様々な変化に順応し、さらに前に進んでいくこと。
そのような転換が今、私自身には訪れています。またその変化に
対応していくことを通じて、流山市や地方自治発展の繋がるのであ
れば、それもまた本望と言えます。

具不退転(後ろを振り返らずに、物事を遣り通すという気持ちをも
つこと)の心境で挑む一年。年末に振り返る際には、今年は大きな
『転換期』であったと総括できるよう、明後日から、また全力で行動
していきたいと思います。

皆様からのご指導とご鞭撻をお願い申し上げ、新年のご挨拶に代
えさせて頂きます。

※政治家は公職選挙法により選挙区内の方に対して、年賀状など
を出すことが禁止されています。ご理解をお願い申し上げます。

流山市議会議員 森 亮二
_20180102_213648.jpg
22:46  |  未分類  |  トラックバック(0)
 | HOME |